第六回園田英樹演劇祭

園田英樹祭とは

劇場版「ポケットモンスター」などの作品で、主にアニメの脚本家として活躍している園田英樹氏は、学生時代から演劇に深く関わり、大学在学中に劇団『日本』に入団、演出家・三原四郎氏に師事し、脚本と演出を学びます。

その 後は自作の脚本を上演するために、劇団・帰燕風人舎(きえんふうじんしゃ)、カラフル企画を旗揚げし、活動。東放学園高等専修学校の講師、多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科非常勤講師として、演劇・脚本を教え、東放学園高等専修学校ではインプロと脚本を教えています。

『園田英樹演劇祭』は、そうした想いを持ち続けてきた園田氏と、想いを同じくするユーキース・エンタテインメントが、2013年3月に第一回公演をスタート。第五回より同じ思いを持った舞台制作会社の縁劇人が賛同。キャストにも多くの有望な若手を起用することで、若手演劇人の成長の場となり、多くの人々に新たな演劇の扉を開く、これまでにない舞台を作り上げていくことを目指しています。


『日本は、演劇大国です。東京では毎日、数百本の芝居が上演されています。
世界中を見わたしても、これほど演劇が盛んな都市はありません。
商業的なミュージカルから、実験的な前衛演劇まで、ものすごく広い幅の演劇があります。

しかし、本当に面白い芝居、誰もが楽しめる芝居はどれくらいあるでしょうか。

一年に、ほとんど演劇を見ない人も、はじめて演劇を見る人も、毎日演劇を見ている人も、 誰もが楽しめて、そして幸せな気持ちになって、劇場の扉を出ていける。

そんな芝居を作っていきたいと思います。

今回の園田英樹演劇祭は?

園田英樹の作品を上演するために企画された『園田英樹演劇祭』が一年の充電期間を終えて帰ってきます。

園田英樹はアニメ映画テレビなどの脚本家として、『ポケットモンスターシリーズ』『ベイブレードバーストシリーズ』など多数の代表作があります。

舞台の脚本演出家としても40年のキャリアを誇り、多数の作品を作り上げてきました。

本人いわく、脚本の技術は年々上がってきているとのことです。
園田英樹も脚本家人生のクライマックスにさしかかっております。
つちかってきた脚本家としての技術のすべてを使って、さらに面白い作品を生み出してくれることでしょう。

今回の演劇祭においては、なんと二本の新作を書き下ろし、さらにもう一本を完全リブートするということにチャレンジします。

劇場:オメガ東京
住所:東京都杉並区上荻2-4-12

一本目のチャレンジ
新作『グッドノート』
これは俳優とのワークショップを三カ月間行い、俳優とともに演劇を作り上げていくというものです。

作品の内容は完全オリジナルのストレートプレイで、いわゆるあて書きの脚本となります。

時間も労力もかかる作業になるとは思いますが、必ずや俳優の魅力を存分に出す作品になるでしょう。

グッドノート詳細はこちら

二本目のチャレンジ
『ミュージカル バックホーム』のリブート。
バックホームは園田英樹の代表作ともいえるものになってきた作品です。

【イントロダクション】 
天使のミスから一人の女性の体に魂が入ってしまう男がいる。
男は、気づいたらソフトボールのユニフォームを着たかわいい女子高校生になっていた。

女子高校生になった男は、もとの体に戻るためには、つぶれかけたソフトボールチームを建て直して、次の試合に勝たなければならなくなる。

しかも相手は宇宙人が乗っ取った強豪チーム。ところがチームはバラバラだった。果たして試合はできるのか!? そして勝つことができるのか!? 男は元にもどれるのか。

女性キャストが多く、笑いと涙と感動がつまった作品です。今回は、すべての音楽をリブートします。ミュージカルシーンもすべて新作となります。
まさにバックホームが生まれ代わります。

ミュージカル『バックホーム』詳細はこちら

三本目のチャレンジ
『ミュージカル バックホーム~炎~』
これはバックホームの男性版となります。
二本目の挑戦では、舞台は女子高校ですが、これを男子高校に置き換えて脚本を書き下ろします。

イントロダクション

天使のミスから男の体に魂が入ってしまう女の子がいた。
男子高校生になった女の子は、元の体に戻るために、
つぶれかけた野球チームを建て直して、
次の試合に勝たなければならなくなる。

しかも相手は宇宙人が乗っ取った強豪チーム。
しかもチームはバラバラだ。果たして試合はできるのか!?
そして勝つことができるのか!?

基本プロットは同じですが、キャラクターやチーム設定などはすべて変えて、完全新作としてかき上げます。
ミュージカルシーンの歌もかなりの数が違うものになる予定です。笑って泣いて熱血するミュージカルができあがると確信します。

お客様たちには、二本のバックホームの違いなどを堪能できるようにしたいと思っています。 この企画にぜひ参加していただけたらうれしいです。

舞台『バックホーム~炎~』詳細はこちら

©  園田英樹演劇祭 All Rights Reserved.
PAGE TOP